『ACOオーガニック認証』

ACOオーガニック認証とはオーガニック先進国である
オーストラリアの厳格な有機基準を持つ政府登録有機認証機関の事。
ACOとはAustralian Certifed Organic(オーストラリアン・サーティファイド・オーガニック)の略で、
1980年頃にオーガニック製品の保全を目的に農業経営者の間で設立されたオーストラリアの非営利団体
BFA(Biological Farmers Of Australia)が設定を行った基準でオーガニック(有機)認定を行う
オーガニック認証機関です。
ACOの厳格な基準はIFORM(International Federation Of Agriculture Movements)や
アメリカのUSDA(National Organic Program)、日本のJAS(the Japanese Organic Standard)、
欧州のthe EU Organic regulations等にも適合しています。
また日本の農林水産省はACOを登録外国認定機関として登録しています。
そして、シラモトラボラトリーの『オーガニックモイスチャーオイル』や『オーガニックモイスチャークリーム』『オーガニックスキンケアホホバオイル』は
ACO(Australian Certified Organic) からオーガニック認定を受けた製品です。

『オーガニックモイスチャーオイル』の詳細へ
『オーガニックモイスチャークリーム』の詳細へ
『オーガニックスキンケアホホバオイル』の詳細へ




『第三者が監視しているからこその安心感と透明性』


シラモトラボラトリーは、日本でも数少ないACOオーガニック製品加工者認証を取得している製造販売会社と協力し
『オーガニックモイスチャーオイル』や『オーガニックモイスチャークリーム』『オーガニックスキンケアホホバオイル』を発売しています。
ACOオーガニック製品加工者認証とは、オーガニック製品に対する汚染や適切な取り扱いが
されているかどうかを証明するものです。
日本の農林水産省も信頼のおける海外登録機関としてACOを登録しています。
オーガニック製品は栽培から最終加工者まで一貫した基準のもとに取り扱っています。
どのような経路でどのような人々によって流通しているのか。
第三者が監視をする中で基準に則り、設備や汚染防止対策を行った施設で
必要な加工(輸入、充填や保管)などを行っています。
巷にはオーガニック化粧品と謳いながら全く基準のないものや
中には70%の原材料にオーガニック化粧品原料を使っているというだけで
「オーガニック化粧品」と謳って販売がされているものなどが数多く存在しているそうです。
元々消費者であった白本は、その真実を知り

「まず私が安心して愛用していきたいからこそ、
基準のないオーガニック製品やウソ偽りある
表示がされている不安な製品は使用したくない!」


そんな白本のこだわりから『オーガニックモイスチャーオイル』や『オーガニックモイスチャークリーム』
『オーガニックスキンケアホホバオイル』はACOオーガニック認証を取得しました。

『オーガニックモイスチャーオイル』の詳細へ
『オーガニックモイスチャークリーム』の詳細へ
『オーガニックスキンケアホホバオイル』の詳細へ

TOPへ