『オーガニックモイスチャークリーム』の使い方

皮脂の油分を補い柔軟性を保ち、乾燥を防いでくれる万能クリーム

--------------------------------------------------------------------

●保湿を助けるアイテムとして ●スキンケアにプラスして  ●クレンジングとして

●ヘアケアとして         ●肌トラブルのケアとして●リップクリームとして     

●メイク下地として       ●日焼けのケアとして   ●かかとやひざなどのかさかさに

●ハンドクリームとして     ●髭を剃ったあとのケアとして ●パックとして

●アロマオイルをプラスして  ●マッサージクリームとして

--------------------------------------------------------------------

こちらで紹介する使用方法はあくまで一つの基準です。
お肌は人それぞれ、それと同時にケアも人それぞれです。
お肌の調子や状況に合わせ、使用の量や方法など調節する事をオススメします。
※オーガニックモイスチャークリームは
白本りえの『顔を洗わない美容法』から誕生した100%天然成分の全身にお使いいただけるクリームです。
素材を生かしたレシピにこだわり合成界面活性剤を使用していない為、お肌に負担をかけにくく
皮膚の油分を補い、柔軟性を保ち乾燥を防いでくれます。

白本りえの『顔を洗わない美容法』とは?

-------------------------------------------------------------------------------------

『保湿を助けるアイテムとして』
●スキンケアにプラスして
●ハンドクリームとして
●髭を剃ったあとのケアとして

※ポイント※
オーガニックモイスチャークリームは
水分と相性が良くお肌に馴染みやすくなるので組み合わせて使用することで効果を発揮します。
乾燥したお肌にいきなり付けても皮膚の表面がはじいてしまい効果が弱まります。
オーガニックモイスチャークリームの受け入れをよくする事も大切なことのひとつです。
しっかり浸透するとベタつかず、さらっとした感触になります。
オーガニックスキンケアホホバオイルやオーガニックモイスチャーオイルとの相性も良く、
使用後、物足りない部分に付け足してご使用頂けます。
気になる箇所は多めに塗るのがポイントです。

●水分と組み合わせて保湿を行う場合

入浴後の水分をたっぷり含んだ時、もしくは気になる部分に水分を馴染ませ
理想の肌質に近づけた状態で オーガニックモイスチャークリームを薄く伸ばします。
手のひらになじませるだけで良く伸びるので少量で構いません。

※小豆一粒くらいからパール一粒くらいとお肌の調子に合わせて使用量を調整してください。

それでも物足りない部分がある場合はその部分だけ少し多めに塗ってください。
※塗りすぎた場合はティッシュで優しくおさえながら調整してください。

※ポイント※
必要以上に付け足すのではなく、お肌の様子を見ながら必要な分だけ
使うのがポイントです。
お肌のは体調や季節、温度や湿度などによって毎日のように変わります。
ベタつく部分は少量、乾燥している部分は重ねづけをし、調整することが大事です。

同様に髭を剃ったあとの乾燥を防ぐケアとしてもお使いいただけます。

●スキンケアにプラスして

スキンケアの最後にお肌の調子に合わせて適量のオーガニックモイスチャークリームをなじませます。
蓋をするようなイメージで両手で優しく覆ってつけると馴染みやすいです。

●ハンドクリームとして使用する場合

気になる部分に適量をすり込むように薄く伸ばしてください。
お肌の自然な潤いが続きます。

『オーガニックモイスチャークリーム』の詳細へ

TOPへ
-------------------------------------------------------------------------------------

『クレンジングとして』

オーガニックモイスチャークリームの成分には栄養価が高く、お肌を柔軟にするエモリエント効果と
滑らかにしてくれる働きがありメイクや汚れを浮かしてくれます。

1:オーガニックモイスチャークリームを適量手のひらに取ります。

2:顔を優しくマッサージするようにクレンジングしてください。

※擦りすぎはお肌を傷つける可能性があるのでお止めください。
クリームの弾力でクレンジングするのがポイントです。

滑りが悪くなったらオーガニックモイスチャークリームを付け足してください。

3:ティッシュや柔らかい布(ガーゼ、手拭い)、ホットタオル、少し湿らせたキッチンペーパーなどで
浮かしたメイクを移すイメージで優しくおさえてください。

4:洗顔をおこなってください。

※決して洗い過ぎないようご注意ください。
※合成成分など使用されている化粧品成分により落ちにくい場合もございます。

『オーガニックモイスチャークリーム』の詳細へ

TOPへ

-------------------------------------------------------------------------------------

『肌トラブルのケアとして』

オーガニックモイスチャークリームは、お肌に刺激を与える合成界面活性剤や防腐剤、香料などの
化学合成成分は使用しておりませんので、安心して全身にお使いいただけます。
オーガニックモイスチャークリームは、皮膚の油分を補い柔軟性を保ち、乾燥を防いでくれます。
皮脂とは、内部にある水分の蒸発を防ぎ、潤す大切な役割をしています。
お肌が敏感になってしまい、自己再生力が低下しているときは
オーガニックモイスチャークリームでお肌を保護する事がオススメです。

●乾燥、敏感肌の場合

乾燥、敏感肌の皮膚は、皮脂の代謝が低下している場合があります。
皮脂にかわる成分をオーガニックモイスチャークリームで補ってみてください。
自然なレベルで皮膚の保湿を助けてくれます。

使い方は上記の『保湿を助けるアイテムとして』をご覧ください。

●ニキビの場合

ニキビ治療には肌を乾燥させる事が考えとして広められていましたが、
水分を必要としている肌への逆効果になる場合もあります。
放置してしまうと、乾燥、敏感肌を招き肌荒れを生じてしまいがちです。
オーガニックモイスチャークリームは皮脂の分泌調整を助けてくれ、
バランスを整える方向に導いてくれます。
オーガニックモイスチャークリームを考案した白本りえは
極度のニキビ肌でしたが、今ではほぼ完治し愛用し続けています。

使い方は上記の『保湿を助けるアイテムとして』をご覧ください。

※お肌にトラブルがある場合、健やかなお肌に回復するまでは、メイクをお休みすることをオススメします。

『オーガニックモイスチャークリーム』の詳細へ

TOPへ

-------------------------------------------------------------------------------------

『メイク下地として』

『日焼けのケアとして』

オーガニックモイスチャークリームは皮膚の油分を補い柔軟性を保ち、乾燥を防いでくれます。
メイクの浮きやくすみなど持ちが変わってしっとりさらさらが続きます。
更に、日常生活レベルであれば紫外線対策にもなります。

●メイク下地として使用する場合

オーガニックモイスチャークリームはお肌のかさつきを抑え、なめらかにしてくれます。
下地かわりになりメイクのノリをよくしてくれます。
※乾燥や崩れが気になる部分は少し厚めに塗ってください。

●日焼けのケアのみで使用する場合

オーガニックモイスチャークリームを適量手に取り伸ばします。

※あくまでも日常レベルの対策で紫外線からお肌を守る働きがあるといわれていますが、
紫外線のダメージを防ぐ効果は主な作用ではありませんので
更に強化したい場合は、日焼け止め、日傘、帽子なども合わせてご使用ください。

『オーガニックモイスチャークリーム』の詳細へ

TOPへ

-------------------------------------------------------------------------------------

『マッサージクリームとして』
『パックとして』

お肌の乾燥やごわつき、毛穴の汚れが気になるときには、
マッサージでお肌を柔らかくしてあげることも大切です。
オーガニックモイスチャークリームは皮膚を柔らかくする
エモリエント効果があるのでスペシャルケアとして行ってみてください。
※何事もやりすぎは禁物です。
※月1〜3回程度が目安

●スペシャルマッサージの仕方

1:お風呂でマッサージする部分を軽く濡らします。

2:オーガニックモイスチャークリームを多めに手に取りマッサージする部分に塗って、湯船につかります。
10〜15分程置くと、お肌にクリームが馴染んで、ふわっと柔らかくなりしっとりしてきます。

3:その後、優しくマッサージを行ってください。
※この時、擦りすぎには注意してください。あくまで優しく行う事がオススメです。

4:洗い流して終了です。

※通常のマッサージクリームとしてもご使用いただけます。
※パックとして利用される場合は1→2→4の順で行ってください。

『オーガニックモイスチャークリーム』の詳細へ

TOPへ

-------------------------------------------------------------------------------------

『リップクリームとして』

オーガニックモイスチャークリームはリップクリームとしてもお使いいただけます。
数量を唇につけ、指先で伸ばしてください。
デリケートな部分にも使えるので唇に潤いを与えプルプルにしてくれます。
スペシャルケアとして、オーガニックモイスチャークリームをたっぷり塗り
ラップをはり、10〜15分を目安に唇パックをしてください。

『オーガニックモイスチャークリーム』の詳細へ

TOPへ

-------------------------------------------------------------------------------------

『アロマオイルをプラスして』

お肌の調子や気分に合わせ、お好みのアロマオイル(エッセンシャルオイル)とブレンドしたり、
手作りコスメに加えてお使いいただけます。

『オーガニックモイスチャークリーム』の詳細へ

TOPへ

-------------------------------------------------------------------------------------

『ヘアケアとして』

オーガニックモイスチャークリームは、乾燥した髪や頭皮に自然な光沢を与え、
頭皮の皮脂バランスを保ち、助けてくれます。
皮脂バランスが過剰な場合や、反対に乾燥部分など
環境に合わせ万能に潤いを与え、整えてくれます。
髪にツヤがなくなったと感じた時は、スカスカの乾燥状態にあるという事です。
オーガニックモイスチャークリームでケアしてあげましょう。

●洗い流さないトリートメントとして使用する場合

髪をドライヤーで乾かす前に、オーガニックモイスチャークリームを手のひらに薄く伸ばして
毛先から髪全体へ揉みこむように馴染ませてください。
その後、ドライヤーで乾かすと傷んだ髪の保湿効果を高めて保護し、ハリとまとまりをだします。

●スタイリングとして使用する場合

1:オーガニックモイスチャークリームを適量手に取り、手のひらから指の間まで広く伸ばします。
※これを行う事で付け過ぎ防止になります。

2:パサつきが気になる部分に、手ぐしをしながら手についたオーガニックモイスチャークリームを馴染ませていきます。

3:しっとりサラサラの髪が仕上がります。

※量が足りない場合は1〜3を再度繰り返してください。
※パーマなどエアリー感が欲しい場合は揉みこむようにつけることをおすすめします。
※いきなり量を多く取ってしまうとべっとり感が出てしまうので少量ずつご使用ください。

『オーガニックモイスチャークリーム』の詳細へ

TOPへ